改めまして【はぁとの駅ひたちなかのご紹介】

こんにちは あなたのお悩み相談員 はぁとの駅ひたちなかの宇津野です。

はぁとの駅ひたちなかは、
お客様の皆様に

カウンセリングのサービスを提供することはもちろんのこと、
心理やカウンセリングに関心がある方へ最高に条件のいい学びの場、
そして、ストレスに対応できるようになる魔法の場

を運営しています。

今日はそれを紹介したいと思います。

一般社団法人 日本傾聴連合会(以下「日傾連」)の水戸勝田指定校として、
カウンセラーの養成講座を開講しています。

それは、あなたにとって水戸勝田にいながら「最高の条件」で
学べる場なのです。

1.講師が活躍中の現役のカウンセラーで、現場の様子などが豊富でおもしろい講義です。
2.丁寧な解説と、一般にもわかりやすい心理の「あるある」が豊富で、
  かつ、練習の時間と安心できるプロの指導で、最高に技術を学べる機会です。
3.解らないことは質問が自由にでき、知らず知らずのうちに心理の専門家になっている。
4.東京から、最高の条件に見合う講師を厳選して招聘しているので、
  水戸勝田にいながら高水準の講義が受講できる。
5.日本傾聴連合会の公認資格「傾聴心理カウンセラー」を取得できる。

今まで、首都圏などの大都市に通わないと受講できなかった最高の条件と講師を、
私は招聘し、水戸勝田地区で開講するのに、私は労力と働いたお金を注いでいます。

カウンセリングを学ぶ場はいろいろあるし、通信教育を含めいろんなスクールがあると思います。

大切なのは、「誰に何(知識と技術)を教わるか」なんです。

良い講師から、最高の内容を教わる。(しかも出来るだけ、近くでお安く)

私自身の受講経験からもそれは間違いないことですし、その場を皆様に提供するために私は働いています。


日本傾聴連合会の公認カウンセラー養成講座は首都圏を中心に広がっています。

「学びたいときから学べる」というのも大きな特徴です。

「え、講座の途中から学んでも大丈夫なの?」

はい、大丈夫なんです。

これは、体験しないとわからないことかもしれませんが、実習はやればやるほど上手になるし、
知識も各単元ごとに他の単元の内容の理解を復習しながら進めるので、
何処から学び始めても深く納得できる授業になっているし、
講師はレベルが違う生徒さん同士の場を運営する技術にも習熟しています。

安心して、「始めましてよろしくお願いします」といえる場ですし、
安心して、「好きなように学びながら、知らず知らずに心理の専門家になる」という場なんです。

とっても不思議でしょう?でも現実にここにありますよ。

最高の学びの場を体験しにきてください。

しかも、一日丸まる体験しても体験は無料です。
(現地までの交通費、お車でいらした際の駐車料金はご負担下さい)

講座スケジュールが合わなければ、皆様のご質問にお答えする説明会もご用意しています。


お申込はこちらのページから
http://www.heart-htn.com/seminar  (講座説明会ページ) 
カウンセラー講座の内容はこちらから
http://www.heart-htn.com/blank-5



ストレスに対応できるようになる魔法の場




それからもう一つ、ストレスに対応できるようになる魔法の場のご紹介です。

その場を名づけて「ストレスみなおし道場」と言っています。

ストレスって感じたことありますか?

ストレスって何って言われて何を想像しますか?

このストレスって言葉にはかなり誤解があるし、
この言葉に脅かされたりビクビクしたり、

そういう人生からはさよならする「道場」があります。

「道場」といっても、お稽古があるのではなく、リラクセーションを受けながら、
ちょこっとみんなの「本音」を話ながらね。。
そして「ストレス」にやさしくなれると、実はストレスってありがたいものになるんです。

まあ、これも体験してみないと解らないですよね。

力を抜いてストレスから開放される90分、ご一緒しましょう。


こちらは、毎月第一土曜日に開催しています。費用は一回 90分1,100円です。
どうぞ、「どんなものか見てやろう」くらいの気持ちでいらしてください。

http://www.heart-htn.com/doujou



最後に、カウンセリングの宣伝も

個人向けカウンセリングも随時ご予約を受け付けております。
90分 7,000円 50分 4,500円 (平均的な料金体系は60分で6,000円が目安です)

http://www.heart-htn.com/counseling

ご利用方法、各料金についてはこちらから
http://www.heart-htn.com/annai

よろしくお願いいたします。
------------------ーーー-
はぁとの駅ひたちなか(心理カウンセリング)
あなたのお悩み相談員 宇津野勝也
URL:http://www.heart-htn.com/
Mail: katsu-ut@f2.dion.ne.jp
TEL:090-8304-4600
〒312-0023 茨城県ひたちなか市大平2-2-18-108
------------------ーーー-

新聞に広告を出しました。【カウンセラー講座説明会】

こんにちは はぁとの駅ひたちなかのカウンセラー 宇津野です。

ついについに!
新聞に公告を出したのです、カウンセラー講座説明会開催のお知らせ!!

まずは、10月26日の茨城新聞
社会面の記事下に紙面の1/2幅で
m9( ・∀・) ドーン!

広告I.JPG


そして、読売新聞に毎週木曜日に添付されてくるタウン誌
よみうりタウンニュースの茨城県央エリア版 10月27日版、タウンなび蘭(8ページ)に

バ━| o|。゚+.ヾ(・∀・)ノ゚+.゚|o |━ン


広告Y.JPG

購読できるみなさま、ご覧いただけたでしょうか?
(社)日本傾聴連合会・水戸勝田指定校によるカウンセラー養成講座がスタートしました。

より多くの方に傾聴の力をつけていただき、こころのケアを必要とする方を支えていただけるようにとの想いで、この講座を始めることを決めました。

とはいえ、どんな内容なの?カウンセラーってどんな仕事?
という方も多いのが現実です、まずはカウンセラーの仕事や講座の説明が必要ですよね。
説明を受けて納得していただいてから受講していただくのが筋です。

というわけで、講座説明会を開くことを大々的に知っていただくために広告を掲載いたしました。



今まで、東京まで行かないと学べなかったのが、本格的なカウンセラー講座です。
東京での開催となれば、実習含みの講座では最低でも50万円を超える受講料というのが相場です。

受講料もさることながら、交通費・移動時間・体力の消耗も計り知れない負担でした。

だったら講師を呼んで地元で受講できるようにしたらいい。
教えることだけの専門講師ではなく、自身も活躍されている現役のカウンセラーが講師です。
単なる知識や技術の解説だけではない、生の実習によって実際にカウンセリング体験ができる講座です。

水戸勝田指定校では、第一期の記念講師として、
(社)日本傾聴連合会理事、セラピストスクエア代表でありニューコードNLPトレーナーとしてもご活躍中のサイモン隆明氏をお招きしています。

茨城の地で、一流カウンセラーの教えを受けるまたとないチャンスです!


講座風景.jpg
           (栃木県益子町での講座の様子)


密度の濃い内容で、受講費は世間一般の同等の講座に比べて低価格に設定しています。
この機会に、ぜひ説明会にお申し込みください。

お問合せお待ちしております。
また、ご友人やお知り合いでカウンセラーに関心のある方にぜひお勧めください。
よろしくお願いします。

修了証.jpg
      (栃木県益子町での修了記念写真)

貴方も地元でカウンセリング技術を身に着けませんか?
遠距離移動の負担がないので、開業を目指す方だけでなく、子育て中のママや退職後の生き甲斐を求める方など、多くの方に受講していただけます。

想像の話【竹取物語について想フ】精神世界の視点から

竹から生まれたかぐや姫、実は月の世界からやってきた。

ずっと長い間、古代人の月世界に対する憧れや想像の上に書かれた物語だと思っていました。
事実そうなのかもしれませんが、カウンセラーの勉強を始めて学びを深めていくと、竹取の翁と媼の精神世界の話なのかなと思ったのです。

若いころに女の子を授かった竹取の夫婦、それは美しい娘に育った娘で評判になり高貴な家柄からも縁談が引く手あまたの自慢の娘。

ところが、竹取の夫婦は・・・値踏みを始めたわけです。
わが娘の幸せよりも、どれだけ裕福な家と縁ができるか、どれだけ地位の高い家柄と姻戚になれるか・・
姫は、豹変してしまった両親の姿を嘆き悲しみ、部屋に引きこもるようになった。

姫を妻に迎えたい殿御たちは、姫の心を慰めようと様々な贈り物をするが姫の心は晴れない。

気鬱の原因は解消されないから。
姫はさらに彼らに無理難題を押し付け・・・結果として・・彼らの多くは命を落としたり、大けがをしたり、ある者の家は没落したりして、悲劇を招く結果となった。

姫は、元のような無欲でおおらかな両親に戻ってもらいたかった、両親の元を離れたくなかった。
ただそれが言い出せずに一人で悩み苦しみ、そのはけ口を男たちに向けてしまったのだ。
結果として不幸な目に合わせてしまったが、そういうつもりは毛頭なかった。
だがその結果から、姫はさらに深い心の闇を抱えてしまうのだった。

竹取の夫婦は姫の真意もしらず、相変わらず縁談を受けてしまうが、その後は、どんなに良い縁談があっても姫は断り続ける・・・もうこれ以上人を不幸にしたくないから。


そんな噂が時の帝の耳に入る。
帝が姫を女御にと所望した。

竹取の夫婦はもちろん歓喜して躍り上がったろう。
時の権力者の望みはすなわち命令でさる。
さすがに姫もこればかりは拒むわけにはいかなかった。

入内の日が近づくにつれ、夫婦は浮足立ち、姫はますます気鬱になって行った。

そして、入内直前の満月の夜、姫は突如自らの命を絶つ!!

両親に宛てた遺書を残して・・・その遺書ですべてを知った竹取の夫婦は、悔やんでも悔やみきれないことをしてしまったことを悟った。

人が訪れることもなくなった家で年老いていく竹取の夫婦。

姫の死後ぽっかり空いてしまった自分たちの心の隙間を埋めるために。

姫は月の世界からやって来て、満月の夜に尽きの世界に帰って行ってしまったのだという・・物語を作り上げたのではないか。



と、そんな妄想をしています。


昔話について、精神世界の視点から見つめてみると、興味深いものだということがわかりました。
人はいつの時代も悩みや葛藤を抱えながら生きてきたのです、昔話の中にもこういうことを言いたかったのかという空想を巡らせることも、たまにはいいかもしれません。

事実はもう遠い昔のことなので知る由もありませんが、意外と「あれ?そうなのかもなあ」と思える部分もあるのではないでしょうか?

あなたのお悩み相談員 はぁとの駅ひたちなかの宇津野でした。
posted by お悩み相談員うつの at 10:41茨城 ☁Comment(0)雑記

最近のコメント

【開業一か月】 by 宇津野勝也 (07/11)

【開業一か月】 by 葉波 真由美 (07/04)

【愛着障害の心理療法について】 by  (05/31)