個人的な【亡き友を偲んで】こと

昨年の9/5、友人が急逝しました。
知ったのは出先でした。
某SNS経由で、友人の会社のKさんからのメッセージが入っているのを確認

本来は社外には公表するのはもっと後なのですが・・・と前置きしながら、
学生時代の友人ということで知らせてくださいました。

前日の夜、宿泊先のホテルで倒れて救急搬送、そのまま意識が戻ることなく5日の早朝に息を引き取ったとのこと。
おかげさまで親しかった同期、先輩、後輩に連絡を取ることができました。

「じゃあ、また来年会おう」  5月の同窓会でそう約束しましたが・・・




最寄り駅にて同行する友人二人と待ち合わせ、昼食をとったあと、ご自宅へ伺い、線香をあげさせていただきました。

奥様を交えてしばし故人の思い出話を・・・ビールをいただきながら。
一時間ほどお邪魔して駅まで送っていただきました。

お墓が完成して、来週納骨だそうです。

その後、すぐに帰るという一人と別れ、二人で御徒町へ

昼間から営業している居酒屋さん・・・あるんですねえ、東京って。
15:30に入店したときすでに先客がありました。

そこで積もる話をあれこれと他愛もなく・・・学生時代の友人っていいですね。
ふと気づくと、日曜とはいえ17:00前なのにほぼ満席状態・・・すごい。

17:00過ぎに店を出て帰途に・・・これでは終わりません。
17:30上野発・・居酒屋ときわ号の開店です。
友人も土浦まで帰るので、車内で飲み飲み・・・・最後はやっぱり亡き友の思い出話でした。


ご自宅で、線香をあげた時「しばらくしたらまた会えるから、そしたら一緒に酒を飲みながら歌おう」
と心の中でつぶやいたのでした。何十年後になるかわかりませんが。
posted by お悩み相談員うつの at 08:21茨城 ☁Comment(0)生活・趣味

最近のコメント

【開業一か月】 by 宇津野勝也 (07/11)

【開業一か月】 by 葉波 真由美 (07/04)

【愛着障害の心理療法について】 by  (05/31)