雑感【古い船を今動かせるのは・・・】

こんにちは あなたのお悩み相談員 歌うセラピスト 宇津野です。

IMG_0108.JPG
私がギターの弾き語りを始めるきっかけとなったのは、鹿児島生まれ・広島育ちの吉田拓郎氏です。
フォーク界のプリンス・・・というキャッチフレーズは誰がつけたのかわかりませんがww

反戦歌、社会風刺のための表現手段だった60年代フォークソングから、自己表現の手段へと移り変わってゆくきっかけを作った人でもあります。

そういう意味では、プリンスどころかフォークソング界の神かもしれません。

タイトルは、彼の初期の作品「イメージの詩(うた)」の一節です。

フルコーラス歌うと15分近い力作です。
メロディー自体は3コードのシンプルなもので、それがかえって歌詞の力を強くしているような歌です。
歌の山場になるのがこの一節を含むフレーズです。

古い船には新しい水夫が乗り込んでゆくだろう
古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も新しい船のように新しい海へ出る
古い水夫は知っているのさ新しい海の怖さを

私自身の体はすでに古い船になっていますが、これから進むべき道は新しい海です。
今から古い船に乗り込むには、気持ちは新しい水夫でなくてはなりません。

新しい海の怖さを知っている古い水夫の経験も時には必要かもしれませんが、主に舵取りをするのは新しい水夫です。

古い水夫が乗り込んでいる知り合いの船は、動きなれた昔からの海で安全な航海をしながら、私の船をあきれて眺めていることでしょう。

でも、古くなろうと新たな航路を開拓してきた船としては、新しい水夫の力で新しい海に、新たな航路を見つけたいと願うものなのです。

だから、今までに得てきたものをすべてかけて、新しい水夫を乗り込ませました。

たぶん、私が最初の一人でしょう。
なんの後ろ盾もなくフリーランスのカウンセラーを開業して、なおかつカウンセラー養成のための道を開こうとするのは。

新しい海に出てゆく古い船・・今、イメージの詩が船出を祝ってくれています。
もう、過去の港には戻らない船出です。

さあ、全速前進! できる範囲でな・・新しくないんだから(笑)
posted by お悩み相談員うつの at 22:36茨城 ☁Comment(0)雑記

最近のコメント

【開業一か月】 by 宇津野勝也 (07/11)

【開業一か月】 by 葉波 真由美 (07/04)

【愛着障害の心理療法について】 by  (05/31)