息抜きの雑学【月の呼び名について】

日本人は古来、月と深くかかわってきました。
月にまつわるエピソードも数多く残されています。(竹取物語など)
月齢ごとの呼び名も風情が感じられますし、今何気なく使っている言葉も、月の呼び名由来のものもあります。

ということで、まとめてみました。^^(写真はない!)

新月(しんげつ) 1日頃
 月が見えないので暦ではこの日は三日月から逆算して求めたとか。
 ただし、新月の呼び名は英語の New moonの訳であまり古い呼び名ではなく、一日の別名「朔」と呼ばれていたらしい。


繊月(せんげつ) 2日頃
 三日月よりもかすかな細い月なのと、西の低い空に短時間表れるだけなので見えないことが多い。    


三日月(みかづき)3日頃
 通常、新月後最初に出る月なので「朏(みかづき・ひ)」と表されることもある。
 異称として、初月(ういづき)・若月(わかづき)・眉月(まゆづき)など。
 異称の多くは最初に見える月だということや、その形からの連想、古代人にとってもっとも印象深い月だったに違いない。


上弦の月(じょうげんのつき)7日頃 夕方西の空に見え、西側が明るく輝く。
 夕方の空にかかる姿を弓の形になぞらえ、弦を張った側(欠けぎわの側)が上に見えることから。
 弓張月とも。


十日夜の月(とおかんやのつき)10日頃
 上弦の月より幾分ぷっくりとふくらんだ月。
 旧暦の十月の十日には、「十日夜」と呼ばれる行事があり、観月の慣習もあった。


十三夜月(じゅうさんやづき)13日頃 
 古来、満月に次いで美しい月とされ、月見の宴の風習もあった。


小望月(こもちづき)14日頃
 満月(望月)の前夜。幾望(きぼう)とも。 幾は「近い」の意味。


満月(まんげつ)15日頃 
 異称、望月(もちづき)・十五夜(じゅうごや)など。満月も英語の「Full Moon」から。


十六夜(いざよい)16日頃
 異称、既望(きぼう)・不知夜月(いざよいづき)など。
 既望は望月を過ぎた月、不知夜月は一晩中月が出ているので「夜を知らない」の意か。
 ちなみに「いざよい」はためらうという意味のある「いさよう」が由来とか。
 望月より月の出が遅れるのでそれを「月の出をためらう月」ととらえたのかも。


立待月(たちまちづき)17日頃
 夕方、月の出を「いまかいまかと立って待つうちに月が出る」くらいの月。
 「たちまちのうちに」のたちまちは立待月が由来。日没後1時間40分くらいだから、案外長い時間だ。
 現代人、こんなに待てないだろうな。


居待月(いまちづき)18日頃 居は「座る」の意、
 立って待つには長いので「座して月の出を待つ月」。
 一杯飲みながら待とうか・・とは呑兵衛の言い訳。


寝待月(ねまちづき)19日頃
 異称、臥待月(ふしまちづき)。
 横になって待たないとならないくらい月の出は遅い。横になっているうちに熟睡してしまうと風邪ひくよ。


更待月(ふけまちづき)20日頃
 夜更けに昇るからこの名。月の出は午後10時頃、現代人はこの時間から飲みに行くらしいが・・・寝ようよ。


下弦の月(かげんのつき)23日頃
 上限同様に月を弓に見立てての名前。月の出は深夜0時。中空に差し掛かるころ日の出となり見えなくなる。
 東の空から昇るときに見える月の弦は下にはなっていないので注意。
 古くは二十三夜講などの風習があった。


有明月(ありあけづき)26日頃
 夜明けの空昇る月で、本来は十六夜以降の月の総称。「有明」は夜が明けてもまだ空にあることから。
 この時期に限定すれば「暁月」か。古くは二十六夜講などの風習があった。
 平安期の通い婚のころ、一夜を共にした翌朝、名残を惜しんで帰りがたい男、帰したくない女の心情から、なごり惜しむ想い、未練心などを表す言葉としても使われることがある。


三十日月(みそかづき)30日頃
 新月頃。30日だから「みそか」、月末を「晦日(みそか)」というのはここから。
 または「晦日(つごもり)」(一年の最後の月末が大晦日が「おおつごもり」「おおみそか」)。
 ちなみに「つごもり」は「月籠り(つきこもり)」が転じたもの、月が姿を見せないので。

posted by お悩み相談員うつの at 08:16茨城 ☁Comment(0)日記

【話しやすいところからお話ししてください】

言葉に出して話すこと
悩みを抱えたり、葛藤で苦しんでいる人にとっては、これがなかなか難しかったりします。

人間の脳では、言語と意識は密接につながっていますから、言葉にできるということは自分で情報が整理できているということなんです。

つまり、悩みや問題を話せる時点ではもう答えが見つかりかけているわけです。
でも、なんでこんなに悩んでいるのか、なぜ決めきれずに葛藤するのか、それすらわからないときは言葉で説明できません。

問題はあなたの無意識の中にあるからです。

無意識ってなかなか手ごわいです。
なにしろあなた自身も気づいていないのですから。
無意識の世界は混とんとしています。


たとえば、癖!

貧乏ゆすりとか独り言とか、いろいろありますが、意識してやっている人っていないんじゃないですか?
気が付くとやってたり・・・無意識に・・ってことですね。

だから「なんで貧乏ゆすりをするの!?」って訊いても答えられないんです。

たぶん、これは推測ですが、そうすることで気持ちが落ち着くのでしょう。
理由として考えられるのはそれくらいです。

カウンセリングでも、悩みを抱えた人はそのことについてなかなか話さないことが多いんです。
それは無意識の中に問題が隠れているからに他なりません。

ですからカウンセラーは「どんなことでもかまいません、お話ししやすいところからお話ししてください」と語りかけます。

本来の問題とは関係のない趣味のことだとか家の近くの風景のこととか、とにかく言葉にできるところからお話ししていただいて、それをじっと聴かせていただきます。

カウンセラーの聴く姿勢がしっかりしていると、あなたの無意識の中から、あなた自身の気付いていなかった昔の記憶や経験が意識のほうへひょっこり顔を出すことがあります。

なぜあなたが今悩んだり迷ったりしているのか、その答えの鍵が意識に引っかかってきます。
ここから問題解決に向かうことができます。
なにしろ、問題を解く鍵はあなた自身が持っているのですから。

そうです!
もうお分かりですね。
無意識の中にあった問題の答えが意識下に入ってきます。
そして、意識は言語と結びついていますから、答えを言葉にすることができるんです。

傾聴カウンセリングは、こんなふうにしてあなたの問題をあなた自身で解決するお手伝いをするものです。

話を聴くことは誰にでもできますが、それだけではあなたの無意識は簡単には答えの鍵を差し出さないでしょう。
カウンセラーは特別な訓練を受けてその技術を身に着けているからこれができるのです。

だから私は「あなたのお悩み相談員」を名乗れるのです。
posted by お悩み相談員うつの at 10:52茨城 ☁Comment(0)日記

【一青窈ツアー2016 人と歌~折々 日立公演】

6/25(土)17:30開演
行ってまいりました。 席は1階1列24番
ど真ん中です!!

自撮り.jpg

開場前のこの無防備な表情・・・めったにない無意識全開モードです。
彼女が母親になって初のツアーです。


<以下、ネタバレを含みます・ご注意>










昨年発売したカバーアルバム「ヒトトウタ」収録の曲を中心に懐かしい歌謡曲を披露した前半
懐かしい曲で「この曲知ってる人拍手!」の声に、会場からかなりの拍手が・・・
「はい、拍手された方はそれなりのお年ということですね」という一言で会場が爆笑

さだまさしさんの曲「フェリー埠頭」を披露する際の演出・・ラジオのDJ風にリクエストはがきを読みます。
「卒業で福岡へ行く彼とは遠距離になってしまいます。・・・・今日は私泣いてもいいですか」

「長崎県の さだ まさこさん」
ここで会場からじわじわと笑いが・・・そこで「ここ、もっとわらうとこですよ~」
で爆笑

後半はオリジナル中心の構成でしたが、カバー「他人の関係」とオリジナル「江戸ポルカ」のコラボ企画は楽しかったです。
江戸ポルカの振り付けはしっかり覚えていたので、真ん前で歌に合わせて腕をえいえい!!
窈さまを乗せたようです。「知ってる人はご一緒に振り付けお願いします」という声が出ました。
(^^)v

新曲「空音(そらね)」は、姉の妙さん原作の映画の主題歌・・書き下ろしです。
いい歌詞だなあ~~と聴き入ってしまいました。
「ママごはんまだ?」来年1月公開だそうです。
新曲のもう一曲は某化粧品のCMソング「ブーケ」


本編のラストは、一青といえばこの曲という2曲
「ハナミズキ」「もらい泣き」

怒涛のアンコールで歌ったのは「満点星」  映画「はなちゃんのおみそ汁」の主題歌


謳い終わって退場する際に立ち上がって拍手でお見送り
きこえたかな?「窈ちゃん、今日はありがとう!」って叫んだら振り向いて会場に手を振ってくれました。

今までのツアー会場ではアッサリ退場してたそうですが、ここで初めてのようです。

セットリスト.jpg

本日のセットリスト


さて・・・コアなファンはここから出待ちに向かいます。

楽屋口脇には黒のワンボックスが2台、これで帰るのですね(*^-^*)
20分ほどすると、バンドメンバーが出てきました。
「おつかれさまでした~」と声をかけるとドラムのあさちゃんとギターのてつろうが応えてくれました。
バンドメンバーを乗せたワンボックスカーはすぐ出発しました。

窈さまが出てこないうちにセットの撤収が始まって搬出作業がすすみます。

今日は、小学校時代の音楽の先生が来られていたということできっと話がはずんでいるのでしょうね。
修了から40分ほどたったころ、楽屋口奥の通路に赤ちゃんを抱いた窈さまのすがたが・・会館関係者にご挨拶をしてこちらに向かって歩きながら・・はい、我々に気づいた模様です。足を止めて手を振ってくれて。


「お疲れさまでした、ありがとう、明日も頑張って」・・・みんなで声かけました。
「ありがとう」と答えてくれました。
そして愛息「どんべぇ君」(もちろんニックネームです)もこちらを向いて・・いやいやなんとかわいい赤ちゃんだろう(*^-^*)

車に乗り込んでからも、窓を開けて母子でこちらを見て^^

そして出発・・・いいコンサートでした。    (おしまい)
posted by お悩み相談員うつの at 09:30茨城 ☔Comment(0)日記

最近のコメント

【開業一か月】 by 宇津野勝也 (07/11)

【開業一か月】 by 葉波 真由美 (07/04)

【愛着障害の心理療法について】 by  (05/31)