【カウンセリング無料企画】

こんにちは あなたのお悩み相談員 はぁとの駅ひたちなかのカウンセラー 宇津野です。

先輩カウンセラーが、地域貢献でずっと続けている企画があります。
曜日限定で、初回相談を無料で引き受けているという企画です。

収入にはならないですが、ケースを重ねる機会は増えるので経験値は上がっていきます。
地元の方々にとってもカウンセラーにとっても、良い企画だなあと思っています。

まだ開業したての私にとっても、やってみたい企画なので、この企画を真似してみよう!
と思います。


曜日の設定がなかなか難しかったですが

こういうことにさせてください。


通常の90分¥7,000のカウンセリングを次の場合に限り無料で承ります。
(1)毎週火曜日限定です。
(2)初回のご相談に限ります。
(3)最初にご説明する「カウンセリング同意書」の内容に同意いただけた方に限ります。
※無料企画は7/19からスタートです、ご予約はお早めに。

お問合せ、ご予約は、予約受付電話にて承ります。 090-8304-4600
電話番号は、はぁとの駅ひたちなかのホームページ、フェイスブックページにも記載してあります。

お電話では次のようなことをお伺いします。
・お名前、ご相談内容(大まかでかまいません「自分自身のこと、仕事のこと・・」、など)
・ご希望日時(予約状況によりご希望に添えない場合がございますので、その際はご相談させてください)
・連絡先電話番号

あなたのご相談をお待ちしております。
posted by お悩み相談員うつの at 11:13茨城 🌁Comment(0)トピックス

【疲労は脳が感じる】

肉体疲労、筋肉に疲労原因物質「乳酸」がたまることで、その刺激を脳が受けて疲労を感じるものだというのが定説でした。

ところがっ!! こんな研究が

http://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/16/031800011/062400010/

体の疲労も精神疲労も、どちらも同じく脳が感じているのだそうです。

腑に落ちました。
なぜ精神疲労が蓄積しやすいのか
脳が感じた疲労、疲労の元に痛みやだるさとして脳が伝えますが、脳自身は痛みを感じないので、いくら「疲れてるよ」と指示を出しても自覚症状として現れないのです。
ただ、疲労によって集中力が落ちるとか、考えがまとまらないということで、わかることはあると思いますが、痛みがないのでそのままにされることが多いようです。

結果として、症状が慢性化しやすい。
これが、ストレス性の慢性疾患・・・・だったら慢性化する前に対策できればいいんですよね?

知らずに蓄積した疲労は、同じく知らないうちにとってやればいい。
えっ?そんな魔法のようなことができるの?

90分\1,100で、リラクゼーションやちょっとしたワーク、少し本音を語りあって、お帰りの時にはリフレッシュ!


道場モデル.jpg

それが、ストレスみなおし道場なのです。
毎月第一土曜日開催です。詳しくはこちら
http://www.heart-htn.com/doujou

これでまた明日から元気で頑張れますね v(。・・。)イエッ♪
posted by お悩み相談員うつの at 22:09茨城 ☁Comment(0)トピックス

【街中の落書き消し隊】

カウンセラーを開業する前からやっている街中の落書き消し活動
成果が出てきました。
表通りの公共物(電柱、街路灯など)はほぼ落書きを消すことができました。

以下、写真を作業前、作業後で並べてみました。

r11.jpg r12.jpg

私のような名もなき一市民の呼びかけに、市内外から応えてくれる仲間がいます。
そして、商店街のご協力があればこその落書き消し隊です。
商店街には縁もゆかりもない、ただ「毎日通るたびに落書きに心が痛んで、なんとか消してみたい」という思いに共感してくださったとりまとめのK様の熱意に、逆に励まされました。


r09.jpgr10.jpg

r13.jpgr14.jpg

最初は、中性洗剤で挑みましたが敢え無く完敗、そこからのリベンジです。
有機溶剤を使わない強力な落書き消し・・・平塚市の取組みが参考になりました。

r07.jpgr08.jpg


r01.jpgr02.jpg

落書きを消すことは、もしかすると落書き犯に新たなキャンバスを提供するだけなのかもしれません。
でも、何度書いても消してやる という意思表示は「描かれても消す」しかないのです。

それと・・消した後に逆にアートを先に描いてしまうという考えもあります。


現に、平塚の取組みでは、ガード下などの死角になる場所を中心に、子供たちの絵を描いておいたところ、以前のような落書きはなくなったそうです。

かわいい絵の上に落書きをするっていうのはさすがにできないようです。
こういう事例も参考にして、落書き消しを続けたいと思います。


毎回、落書き消しに付き合ってくださる皆さま、ご支援ご協力いただいている商店街の皆様、本当にありがとうございます。

次回からは、趣旨に賛同し、ご了解いただいた商店の壁やシャッターなどの落書き消しのステージへ
ステップアップです。
posted by お悩み相談員うつの at 18:28茨城 ☀Comment(0)トピックス

最近のコメント

【開業一か月】 by 宇津野勝也 (07/11)

【開業一か月】 by 葉波 真由美 (07/04)

【愛着障害の心理療法について】 by  (05/31)