想像の話【竹取物語について想フ】精神世界の視点から

竹から生まれたかぐや姫、実は月の世界からやってきた。

ずっと長い間、古代人の月世界に対する憧れや想像の上に書かれた物語だと思っていました。
事実そうなのかもしれませんが、カウンセラーの勉強を始めて学びを深めていくと、竹取の翁と媼の精神世界の話なのかなと思ったのです。

若いころに女の子を授かった竹取の夫婦、それは美しい娘に育った娘で評判になり高貴な家柄からも縁談が引く手あまたの自慢の娘。

ところが、竹取の夫婦は・・・値踏みを始めたわけです。
わが娘の幸せよりも、どれだけ裕福な家と縁ができるか、どれだけ地位の高い家柄と姻戚になれるか・・
姫は、豹変してしまった両親の姿を嘆き悲しみ、部屋に引きこもるようになった。

姫を妻に迎えたい殿御たちは、姫の心を慰めようと様々な贈り物をするが姫の心は晴れない。

気鬱の原因は解消されないから。
姫はさらに彼らに無理難題を押し付け・・・結果として・・彼らの多くは命を落としたり、大けがをしたり、ある者の家は没落したりして、悲劇を招く結果となった。

姫は、元のような無欲でおおらかな両親に戻ってもらいたかった、両親の元を離れたくなかった。
ただそれが言い出せずに一人で悩み苦しみ、そのはけ口を男たちに向けてしまったのだ。
結果として不幸な目に合わせてしまったが、そういうつもりは毛頭なかった。
だがその結果から、姫はさらに深い心の闇を抱えてしまうのだった。

竹取の夫婦は姫の真意もしらず、相変わらず縁談を受けてしまうが、その後は、どんなに良い縁談があっても姫は断り続ける・・・もうこれ以上人を不幸にしたくないから。


そんな噂が時の帝の耳に入る。
帝が姫を女御にと所望した。

竹取の夫婦はもちろん歓喜して躍り上がったろう。
時の権力者の望みはすなわち命令でさる。
さすがに姫もこればかりは拒むわけにはいかなかった。

入内の日が近づくにつれ、夫婦は浮足立ち、姫はますます気鬱になって行った。

そして、入内直前の満月の夜、姫は突如自らの命を絶つ!!

両親に宛てた遺書を残して・・・その遺書ですべてを知った竹取の夫婦は、悔やんでも悔やみきれないことをしてしまったことを悟った。

人が訪れることもなくなった家で年老いていく竹取の夫婦。

姫の死後ぽっかり空いてしまった自分たちの心の隙間を埋めるために。

姫は月の世界からやって来て、満月の夜に尽きの世界に帰って行ってしまったのだという・・物語を作り上げたのではないか。



と、そんな妄想をしています。


昔話について、精神世界の視点から見つめてみると、興味深いものだということがわかりました。
人はいつの時代も悩みや葛藤を抱えながら生きてきたのです、昔話の中にもこういうことを言いたかったのかという空想を巡らせることも、たまにはいいかもしれません。

事実はもう遠い昔のことなので知る由もありませんが、意外と「あれ?そうなのかもなあ」と思える部分もあるのではないでしょうか?

あなたのお悩み相談員 はぁとの駅ひたちなかの宇津野でした。
posted by お悩み相談員うつの at 10:41茨城 ☁Comment(0)雑記

雑感【古い船を今動かせるのは・・・】

こんにちは あなたのお悩み相談員 歌うセラピスト 宇津野です。

IMG_0108.JPG
私がギターの弾き語りを始めるきっかけとなったのは、鹿児島生まれ・広島育ちの吉田拓郎氏です。
フォーク界のプリンス・・・というキャッチフレーズは誰がつけたのかわかりませんがww

反戦歌、社会風刺のための表現手段だった60年代フォークソングから、自己表現の手段へと移り変わってゆくきっかけを作った人でもあります。

そういう意味では、プリンスどころかフォークソング界の神かもしれません。

タイトルは、彼の初期の作品「イメージの詩(うた)」の一節です。

フルコーラス歌うと15分近い力作です。
メロディー自体は3コードのシンプルなもので、それがかえって歌詞の力を強くしているような歌です。
歌の山場になるのがこの一節を含むフレーズです。

古い船には新しい水夫が乗り込んでゆくだろう
古い船を今動かせるのは古い水夫じゃないだろう
なぜなら古い船も新しい船のように新しい海へ出る
古い水夫は知っているのさ新しい海の怖さを

私自身の体はすでに古い船になっていますが、これから進むべき道は新しい海です。
今から古い船に乗り込むには、気持ちは新しい水夫でなくてはなりません。

新しい海の怖さを知っている古い水夫の経験も時には必要かもしれませんが、主に舵取りをするのは新しい水夫です。

古い水夫が乗り込んでいる知り合いの船は、動きなれた昔からの海で安全な航海をしながら、私の船をあきれて眺めていることでしょう。

でも、古くなろうと新たな航路を開拓してきた船としては、新しい水夫の力で新しい海に、新たな航路を見つけたいと願うものなのです。

だから、今までに得てきたものをすべてかけて、新しい水夫を乗り込ませました。

たぶん、私が最初の一人でしょう。
なんの後ろ盾もなくフリーランスのカウンセラーを開業して、なおかつカウンセラー養成のための道を開こうとするのは。

新しい海に出てゆく古い船・・今、イメージの詩が船出を祝ってくれています。
もう、過去の港には戻らない船出です。

さあ、全速前進! できる範囲でな・・新しくないんだから(笑)
posted by お悩み相談員うつの at 22:36茨城 ☁Comment(0)雑記

思い出話【サラリーマン・給料は誰からもらっている?】

こんにちは あなたのお悩み相談員 はぁとの駅ひたちなかの宇津野です。
最近は「唄うセラピスト」とも名乗っています。

さて、この私にも会社員時代がありました。
会社員は基本的には会社の命令で、不慣れなことや未経験のことにも対応しなくてはなりません。
そして、異動(転勤や役職が変わる)ということも経験します。

あるとき、異動によって勤務することになった先の役員に、同時に配属となった数人が呼ばれました。
そこで
「君たちの給料は誰が払っているかわかるか?」と尋ねられました。
だれも正解を言えませんでした。
全員が「会社から貰っている」と答えたのですが、それは正解ではなかった。
役員の答えは「お客様から頂いている」でした。

直接支払うのは会社ですが、会社はお客様からお金をいただいて、そこから従業員に給料も払っている。
だから、お客様の意向を大切に、仕事にベストを尽くせというお話しでした。

考えてみれば当たり前のことなのですが、会社という分厚い城壁の中で何かを見失っていたのかもしれません。

自分の好きなこと・得意なことだけに気持ちをかけていると、外の世界・世の中の当たり前すら見えなくなってしまうという警鐘でもありました。

自分がお客様のために誠心誠意気持ちを込めて仕事をしなければ、正当な給与をいただく資格がない。
ということに改めて気づかせていただきました。

見方を変えれば、自分の使うお金は自分で稼ぎ出した中からしか出せないということです。
給与はその一部でしかない。
新しい設備がほしい、人を増やしたい。
そういう欲求は、その費用を稼ぎ出した時に初めて、可否を評価される。
それも、会社の方針や中長期計画の中で、いつどれだけどういった投資をするのかという全体の方向性との整合性とも大きくかかわってくる。

サラリーマンは気楽なんかじゃない。
会社という大きな器の中で、信用・社会的地位・収入などが保障され、税申告などの用務も自分でしなくて済む。
そのかわり、自分で稼いだお金の使い道については、要望・提案という形で稟議に掛けることしかできない。
自分のやりたいことは自由にできるわけではない。
あくまでも、組織全体の進む方向に対して推進力となるかどうかで、やれることは決まってくる。

けっこう我慢したり理不尽な処遇を受けたりということは少なくないのが現実です。
会社にはいろいろな部署があります。
本業は製造業だとしても、全員が製造にたずさわれるわけではない。
ものづくりを希望して入社しても、意図しない部署に配属されることだってあります。
「こんなはずじゃなかった」そう思う若い人もいるでしょう。
40歳を超えてから畑違いの部署に異動になることもあるでしょう。

その時の配属で、会社生活のすべてが決まるわけじゃない。
何年か後には希望する部署に配属される可能性が無くなったわけじゃないんです。

でも・・・その時はショックでそこまで思い至らなくなってしまうものです。
なんて理不尽なんだろうと不満を感じて会社や上司を恨む気持ちも出てくると思います。
その気持ちがくすぶったままだと、心がだんだん弾力を失っていくかもしれません。

ゴムボールは弾力を失わなければ、ぎゅっと押しつぶしても元の形にすぐに戻りますが、長い間押しつぶされたままで置いておくと、元の球形に戻らなくなったり、変形したり、ひどい場合は破裂してしまいます。

だからこそ・・・心を病んでしまわないうちに、カウンセリングで傷を癒してほしいと願うのです。
こころも・・・・弾力を失わないうちに・・・押し込む力を跳ね返せるうちに
話しに来てほしいのです。
言葉にできるなら大丈夫です。

ご相談の予約をいつでもお待ちしています。
はぁとの駅ひたちなかなら、誰にも知られることなくお悩みを解決することができるでしょう。
posted by お悩み相談員うつの at 11:30茨城 ☁Comment(0)雑記

最近のコメント

【開業一か月】 by 宇津野勝也 (07/11)

【開業一か月】 by 葉波 真由美 (07/04)

【愛着障害の心理療法について】 by  (05/31)